0歳児からの教育相談・支援

小学部(小学部2年〜小学部6年)

 小学部は小学2年生から6年生までの児童が在籍しています。この時期の子どもたちは身体やこころが大きく成長する時期です。この時期は「楽しい!」「もっとやってみたい!」と感じられるような学習の設定が大切になります。
 個人差を考慮し、各児童に意味のある体験を土台として、ゆとりのある内容を系統的・継続性を持った学習を行っています。例えば、「生活・科学」の学習では身近なトマトを題材として、実物の観察と簡単調理→苗の観察→栽培→収穫→簡単調理に至るまでを時間にゆとりをもって取り組んでいます。
 継続的な学習により児童は予測がつき、安心してトマトや苗に触り観察ができるようになります。同時に「丸い」「赤い」などの概念形成を育み、さらに文字へとつながるような学習をしています。
 また、小学部では個々に応じたコミュニケーション方法(身振りサイン、手話、アイコンタクト、音声言語、オブジェクトキュー、カード、iPad、文字等)によりやりとりをしています。1日の予定を見通し、振り返られるように日課ボード(日課箱)や日記作成にも重点を置いて活動しています。

1.教育目標

 ○元気よく活動し、健康な身体をつくろう。
 ○自分でできる身の周りのことを増やしていこう。
 ○コミュニケーションする方法を習得し、人とのやりとりを活発にしよう。
 ○グループ活動を通して自分の役割を知り、進んで取り組もう。
 ○認知や行動の手掛かりとなる概念の形成をつくろう。

2.重点目標

認知や行動の手掛かりとなる概念の形成をつくろう

「朝の会」
朝の会では、それぞれ児童生徒に合った日付表や日課表を用意しています。

「生活総合」
生活で必要なクッキングや買い物などの学習を行っています。

「体育」
マット運動や持久走、水泳など、いろいろな運動に取り組んでいます。

「自然社会」
一年を通して、いろいろな野菜の栽培を行っています。

「空間定位と移動」
OM実習では滝頭営業所へ行き、公共交通機関であるバス調べを行いました。

「音楽」
リトミックや歌唱、楽器演奏などの課題を楽しんでいます。