理事長あいさつ

理事長 塙 忠蔵

理事長 塙 ただし 理事長 塙 ただし

理事長 塙 忠蔵

分かりやすく楽しい環境と専門教育の充実

 いつも皆様から愛され、信頼され、明るく、のびのびと、楽しく過ごすことが出来る充実した学校教育に取り組んでいます。

 児童、生徒たちがのびのびと楽しく過ごすためには、過ごしやすい環境、楽しい分かりやすい専門的な学習が必要です。

 児童、生徒にとって過ごしやすい環境とは、自分がどこにいても自分の居場所が分かり、自分の存在と友達との位置関係が分かり、交流がしやすい環境だと思います。

 この環境つくりに学院は数年前より検討を重ね、温かくて使いやすい、離れられないトイレつくり、入りやすい玄関、分かりやすい下駄箱、友達の存在が分かる出席確認版、壁伝いに歩きやすい環境、一つ一つの広さが分かりやすい小スペースの学習空間つくりなど、分かりやすい空間つくりに重点を置いた事業計画に取り組んできました。これからも分かりやすい環境つくりに取り組んで行きます。

 この取り組みによって児童、生徒たちの活動の姿勢が積極的になり、自発的な行動が活発になり、自らの学校生活をエンジョイしている姿が誇らしく感じられるようになりました。

 環境の整備とともに大切なものが個々の重複障がいの特性に応じられる柔軟で臨機応変的に対応できる専門性を持った教育の充実だと思います。この柔軟に対応できる教育にも十分力を注ぎ頑張って行きます。

 理療科においては、個々の障がいの特性を的確に把握し、状況を観察、分析し、勉強に集中できる環境の整備に力を注いで行きます。また、個々のニーズに答えられるよう教師は一人一人の専門的分野を活かし、チーム一丸となり、切磋琢磨しあいながら教育の向上に努め、国家試験目標達成に頑張って行きます

 横浜訓盲学院がこれからも継続して力を注いで行くことは、高等部専攻科生活科に在籍した生徒たちの地域との結びつきであり、地域で生き生きとした社会生活を送れるための基盤つくりです。また、乳幼児の教育相談や専門機関との連携などを通じて、個々の障がいの特性に応じた教育的支援に積極的に取り組んで行きます。

 これからも皆様方のご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。