0歳児からの教育相談・支援

高等部専攻科生活科(生活科1年〜3年)

 盲重複障がい者の人たちの豊かな生活と自立を実現するために、基礎となる力を養うことを目的としています。高等部普通科を卒業した後の更に3年間の教育課程です。
 働くこと、衣食住にかかわること、生活を楽しむこと、健康であること、コミュニケーションがとれることなど、教育活動、地域交流を通して主体的に学び、自ら努力し自己実現していく力を育みます。
 高等部普通科を卒業した生徒たちが入学してくる「専攻科生活科」の使命は、学校卒業後の家庭生活、社会生活が豊かになるようにすることです。具体的な家庭・社会生活を想定した内容、新たな趣味・特技の開拓、余暇活動の充実などを目指し、外出や地域交流などが伸び伸びとできる教育活動を編成しています。

教育目標

 ○生活する環境を把握し、豊かな家庭生活・社会生活を営むために必要な力を養う。
 ○学習活動に見通しをもち主体的に取り組み、判断する力を高める。
 ○身体を動かすことの楽しさを知り、健康な体を作る。
 ○活動を通し、人とコミュニケーションをする力を高める。
 ○社会生活に必要なルールやマナーを身につける。
 ○主体的に学習に取り組み、考え解決する力を身につける。

指導領域と内容

自立活動
朝の運動… 体操、ジョギング
朝の会・帰りの会…健康確認、日課の確認、一日の振り返り
日常生活の指導…食事、着脱、排泄、清潔
COM・概念形成とその活用…文字・数量の基礎、教材を使ったコミュニケーションの受信と発信
工芸…製品作成(陶芸、手作りカード、サシェ、ビーズ製品、梱包材)
園芸…野菜や草花の栽培と収穫
スポーツ・フィットネス…ストレッチ、マット運動、バランス運動、水泳、STT
空間定位と移動…単独歩行、手引き歩行、白杖の使い方、買い物、販売活動OM実習
家庭総合…衣食住にかかわる内容全般
個に応じた選択…運動、歩行、遊びなど
特別活動
クラブ…ダンス・ストレッチ、おしゃれ、芸術(音楽・美術)
学校行事…入学式、卒業式、成人を祝う会、運動会、マラソン大会、クリスマス礼拝祝会、遠足、夏期社会体験、社会見学
宗教(道徳)
礼拝…(朝の会で)賛美歌、毎月の暗唱聖句、お祈り
合同礼拝…牧師さんの講話