沿革

1889年(明治22年)
米人ミセスC・Pドレーパーにより、南区中村町の民家を借受け「盲人福音会」という名称で発足。
1900年(明治33年)
神奈川県より私立学校として認可され、「横濱基督教訓盲院」と改称。
1913年(大正 2年)
現在地に移転。校舎・寄宿舎・職員宿舎を新築。
1914年(大正 3年)
財団法人として認可され、「財団法人横濱基督教訓盲院」と改称。
1920年(大正 9年)
今村幾太、院長として着任。成人盲教育より盲児教育へ転換。
1923年(大正12年)
関東大震災で壊滅的な被害を受けたが、翌年復興。
1924年(大正13年)
文部省より私立盲学校として認可。「横濱訓盲院」と改称。(キリスト教主義による全寮制の私立盲学校)
全国に先駆けて盲学校に幼稚部(初等部予科)を設置。
1926年(大正15年)
神奈川県指定盲学校となる。
1941年(昭和16年)
今村幾太、理事長就任。
1945年(昭和20年)
横浜大空襲により建物の大半を焼失。
1948年(昭和23年)
学院寄宿舎を移管。厚生省より盲児施設「横濱訓盲院」として認可。(現在の社会福祉法人 横浜訓盲院)
1951年(昭和26年)
私立学校法により、「学校法人横浜訓盲学院」として組織変更。
高等部普通科を設置。
1968年(昭和43年)
高等部専攻科理療科を設置。
1969年(昭和44年)
創立80周年記念式典。
1972年(昭和47年)
接収中の学院用地が返還。
小中学部に無学年制、ティーム・ティーチング制度の導入。
1973年(昭和48年)
高等部保健理療科を設置。
1979年(昭和54年)
創立90周年記念式典。
1989年(平成 元年)
創立100周年記念式典。
1991年(平成 3年)
理事長兼学院長 今村 幾太召天。
理事長 今村 義彦就任。
学院長 今村 貞子就任。
1999年(平成11年)
日本自転車振興会の補助事業により新校舎落成。
創立110周年記念式典、並びにドレーパー女史没後100年追悼式。
2002年(平成14年)
4月、理事長 今村 義彦、勲五等瑞寶章受賞。
2003年(平成15年)
学院長 今村 貞子退任、名誉学院長称号付与。
学院長 塙 忠蔵就任。
2005年(平成17年)
横浜訓盲学院同窓会「四つ葉会」発足70周年記念式典。
2006年(平成18年)
学院長 塙 忠蔵退任。
学院長 北村 光之就任。
2007年(平成19年)
高等部専攻科生活科を設置。
2009年(平成21年)
創立120周年記念式典
2010年(平成22年)
学院長 北村 光之退任。
学院長 塙 忠蔵就任。
2011年(平成23年)
理事長 今村 義彦退任、名誉理事長称号付与。
学院長 塙 忠蔵退任、理事長 塙 忠蔵就任。
学院長 中澤 惠江就任。
名誉理事長 今村 義彦召天。
2012年(平成24年)
高等部専攻科保健理療科を設置。