学院長あいさつ

学院長 津布工 浩(つぶく ひろし)

学院長 津布工 浩

学院長 津布工 浩

 横浜訓盲学院は、開港の歴史情緒あふれる横浜山手の連なる丘にある日本で唯一の私立の盲学校です。1889年(明治22年)に創始者であるミセス シャーロット・ピンクニ―・ドレーパーが盲人福音会を設立し、困難な生活を強いられていた成人視覚障がい者の保護と教育を行ったことから始まりました。日本の近代における視覚障がい教育の草創期とともに歴史を積み重ね、創設の心であるキリスト教の愛の精神をもとに私立盲学校として独自の教育実践を重ね、歩んできました。

 普通部では、3歳から21歳までの視覚と他の障がいを併せもつ重複障がいの子どもたちの個々に応じた、コミュニケーションの力を伸ばし、社会的・家庭的な自立を目指した教育に取り組んでいます。1972年(昭和47年)より、無学年制、ティームティーチングの体制を取り入れた独自のグループ編成をしています。その一つに高等部専攻科生活科があります。これは重複障がいの子どもたちの生涯学習の基盤となる教育を高等部普通科の上に3年間の教育が受けられるようにしたものです。この専攻科生活科を普通部における教育の最終目標として、幼稚部からの一貫した教育が継続的に積み重ねて行けるように全教職員が連携し、取り組んでいます。

 理療科では、視覚障がいを有する成人の方を対象に日本の盲教育の伝統的な職業教育の一つである「あ・は・き師」の国家試験を目指し、その免許状を取得するための教育を行っています。 理療師として社会的な貢献を果たしていけるよう、少人数制で、個々の見え方やニーズに応じたわかり易い教育を提供し、生徒により添う教育に取り組んでいます。

 本学院の心構えは、教員と子どもや生徒が日々の関わりの中から互いに学び合い、互いの成長を喜び合える家族のようなかかわり合いをしていくことです。 幼児児童生徒の行動を、つねに子どもや生徒の立場から考え、子どもや生徒の理解を深めていくかかわり方や教材、その環境を考え、幼児児童生徒が主人公として成長していけるように日々の生活、実践教育を積み重ね、日本の視覚障がい教育の歴史の一端を担っていきたいと思います。

学院では、見学を歓迎しております。授業参観、様々な視覚障がい教育に関する相談など、学院の雰囲気を味わいに来てください。