普通部

 普通部では、視覚障がいに併せて、知的障がい等を有する重複障がい児や、聴覚障がいを有する先天性盲ろう児(弱視難聴を含む)を受け入れ、愛情と高い専門性をもって教育・支援をしています。 盲学校で唯一の生活科では、高校卒業後、さらに3年間の教育を通して、生活・家庭自立を高めます。

普通部の「教育相談」はこちらをクリック

幼稚部 / 小学部 / 中学部
高等部普通科
高等部専攻科生活科

対象年齢3歳〜21歳

普通部:詳しくはこちらをクリック

理療科

 年齢を問わず入学でき、少人数制の授業なので、細やかな教育方法を実施しています。
 先天性での視覚障がいの方、事故または病気などにより人生の途中で視覚障がいになられた方の社会復帰と自立のための職業教育(3年課程)です。 3年間学び、国家試験の受験資格が得られ「あん摩・マッサージ・指圧師」、「はり師」、「灸師」への道が拓けます。

理療科の「入学案内」はこちらをクリック

高等部専攻科保健理療科
高等部専攻科理療科

対象年齢 高校卒業

理療科:詳しくはこちらをクリック

文部科学省委託事業

「特別支援教育に関する実践研究充実事業」(平成29年度〜令和元年度)
視覚障がいと聴覚障がいを併せ有する盲ろう幼児・児童・生徒の自立活動とアセスメントの研究で、アメリカのパーキンス盲学校国際部門と連携をした際、パーキンス盲学校で盲ろう児教育に長く携わって来られた同校元教員のバーバラ・マイル氏の著書「盲ろう者にとっての手の重要性」を翻訳したものです。

おしらせ

ご報告

2019年度
2018年度

10月の暗唱聖句

コリントの信徒への手紙(2)12章10節
「わたしは弱いときにこそ強い」

(人間は弱さを知るとき、良い働きをします。)

11月の暗唱聖句

ルカによる福音書 8章8節
「ほかの種は良い土地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。」

(神さまの言葉が百倍に実りますように。)