普通部

 普通部では、視覚障がいと他の障がいを併せ有する重複障がい児(者)を受け入れ、個性を尊重し、コミュニケーションの力を伸ばし、社会的、家庭的な自立をめざした教育に取り組んでいます。重複障がいの生徒に高等部普通科卒業後、さらに3年間教育を受けられる専攻科生活科の課程を設置しています。

普通部の「教育相談」はこちらをクリック

幼稚部 / 小学部 / 中学部
高等部普通科
高等部専攻科生活科

対象年齢3歳〜21歳

普通部:詳しくはこちらをクリック

理療科

 先天性の視覚障がいの方、事故や病気によって人生の途中で視覚障がいになられた方の自立のための職業教育(3年課程)を行っています。少人数制の授業で、細やかな教育実践に取り組んでいます。3年間の学びの後、国家試験の受験資格が得られ、「按摩・マッサージ・指圧師」「はり師」「きゅう師」への道が拓けます。

理療科の「入学案内」はこちらをクリック

高等部専攻科保健理療科
高等部専攻科理療科

対象年齢 高校卒業

理療科:詳しくはこちらをクリック

文部科学省委託事業(平成29年度〜令和元年度:3年間)

 アメリカのパーキンス盲学校国際支援部門パーキンス・インターナショナルの専門家の協力のもと、視覚障がいと聴覚障がいを併せ有する盲ろう幼児児童生徒の自立活動とアセスメントに関する研究に取り組みました。併せて、パーキンス盲学校で盲ろう教育に長く携わって来られた同校元教員のバーバラ・マイル氏の著書「盲ろう者にとっての手の重要性」を翻訳しましたので掲載します。
バーバラ・マイル氏:著書「盲ろう者にとっての手の重要性」の翻訳

おしらせ

ご報告

2019年度

2020年

9月の聖句
マタイによる福音書第5章4節
「悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。」
(私たちが生きていく上で、たくさんの悲しいことがあります。主イエスは、そのような悲しみの中にこそ、慰めをもたらそうとしておられるのです。)

10月の聖句
マタイによる福音書第5章5節
「柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。」
(柔和な人というのは、自分の持つ力を攻撃的な仕方で用いない人を言います。)

11月の聖句
マタイによる福音書第5章6節 「義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。」 (イエスさまは、正しいことを一生懸命求める人は、幸いだと言われました。)